刺青 SI-SEI

刺青 SI-SEI

決して逃れることの出来ない運命。来栖精像は、今は亡き伝説の彫り物師・彫精を超えることを目指し、また彫精の芸術作品とも言える刺青を後世に残したいと考えていた。そんなある日、精像にとって最高のカンバス・背中を持つ雨宮美妙と出会う。美妙は大学院で錦絵の研究に携わり、その色彩感覚は天性のものを持ち合わせていた。(2015年制作・日本)(C) 2015 アートポート

刺青 SI-SEI 画像1
刺青 SI-SEI 画像1
刺青 SI-SEI 画像2
刺青 SI-SEI 画像2
刺青 SI-SEI 画像3
刺青 SI-SEI 画像3
刺青 SI-SEI 画像4
刺青 SI-SEI 画像4
刺青 SI-SEI 画像5
刺青 SI-SEI 画像5
刺青 SI-SEI 画像6
刺青 SI-SEI 画像6
刺青 SI-SEI 画像7
刺青 SI-SEI 画像7
刺青 SI-SEI 画像8
刺青 SI-SEI 画像8
刺青 SI-SEI 画像9
刺青 SI-SEI 画像9
刺青 SI-SEI 画像10
刺青 SI-SEI 画像10
刺青 SI-SEI 画像11
刺青 SI-SEI 画像11
刺青 SI-SEI 画像12
刺青 SI-SEI 画像12
刺青 SI-SEI 画像13
刺青 SI-SEI 画像13
刺青 SI-SEI 画像14
刺青 SI-SEI 画像14
刺青 SI-SEI 画像15
刺青 SI-SEI 画像15
刺青 SI-SEI 画像16
刺青 SI-SEI 画像16
刺青 SI-SEI 画像17
刺青 SI-SEI 画像17
刺青 SI-SEI 画像18
刺青 SI-SEI 画像18
刺青 SI-SEI 画像19
刺青 SI-SEI 画像19
刺青 SI-SEI 画像20
刺青 SI-SEI 画像20

DUGAウェブサービス