刺青 背負う女

刺青 背負う女

苦悶と愉悦の狭間で、女の声が響く…。雑誌編集部員の真由美は、日本画展の取材にて、一人の女性が見入っていた絵に引きつけられる。その絵は『魚濫観巫音(ぎょらんかんぜのん)』といい、見ていた女性は純子という刺青の彫師だった。観音を描いたその絵に魅せられた純子は「いま一番彫りたい絵だ」と真由美に告げたのだった…。(2009年制作・日本)(C) 2009 アートポート/ハピネット

刺青 背負う女 画像1
刺青 背負う女 画像1
刺青 背負う女 画像2
刺青 背負う女 画像2
刺青 背負う女 画像3
刺青 背負う女 画像3
刺青 背負う女 画像4
刺青 背負う女 画像4
刺青 背負う女 画像5
刺青 背負う女 画像5
刺青 背負う女 画像6
刺青 背負う女 画像6
刺青 背負う女 画像7
刺青 背負う女 画像7
刺青 背負う女 画像8
刺青 背負う女 画像8
刺青 背負う女 画像9
刺青 背負う女 画像9
刺青 背負う女 画像10
刺青 背負う女 画像10

DUGAウェブサービス