溺愛 調教の記憶

溺愛 調教の記憶

海と山に囲まれた静かな町で、美咲(羽月希)は大学教授だった亡き夫の後を継ぎ、小さなメンタルクリニックを営んでいた。ある日近くの海岸を散歩している時、波打ち際に倒れていた青年を助ける。一度は施設に引き取られた青年だが、記憶を取り戻せない彼は再び美咲を訪ねてくる。クリニックの経営が芳しくなく、先代のような本の執筆を出版社から勧められていた美咲は、青年を題材に彼の過去を催眠療法でひも解く事を決意する。その日から青年を同居させながらの治療が始まるが、幼少期の母親や涼子(佐倉絆)という謎の女の存在が明らかになる。そして青年の記憶の奥底に潜む倒錯の性に触れるなか、やがて美咲自身も閉ざされた自身の過去が暴露しはじめ…。

溺愛 調教の記憶 画像1
溺愛 調教の記憶 画像1
溺愛 調教の記憶 画像2
溺愛 調教の記憶 画像2
溺愛 調教の記憶 画像3
溺愛 調教の記憶 画像3
溺愛 調教の記憶 画像4
溺愛 調教の記憶 画像4
溺愛 調教の記憶 画像5
溺愛 調教の記憶 画像5
溺愛 調教の記憶 画像6
溺愛 調教の記憶 画像6
溺愛 調教の記憶 画像7
溺愛 調教の記憶 画像7
溺愛 調教の記憶 画像8
溺愛 調教の記憶 画像8
溺愛 調教の記憶 画像9
溺愛 調教の記憶 画像9
溺愛 調教の記憶 画像10
溺愛 調教の記憶 画像10

DUGAウェブサービス