羅生門 鬼畜のまぐわい

羅生門 鬼畜のまぐわい

時は、平安時代末期。相次ぐ天変地異と原因不明の疫病によって、民衆たちは苦しめられていた。陰陽師である輪道と弟子の蓮は、荒廃した羅生門をくぐる。そこには百姓の伊吉たち、そして餓鬼のような容貌の女おてい(範田紗々)がいた。…かつて、おていは夜鷹として肉体を売って暮らしていた。おていと同じ村の出身のまつ(しじみ)は、売れっ子の遊女。しかし、まつは疫病で倒れ、故郷に帰ろうとする二人は羅生門に逃げ込んだのだった。飢えに苦しむまつは、遂に死体の肉さえも喰らおうとする…。…伊吉にも、悲しい過去があった。生まれ育った村を飛び出して盗人として過ごしていた伊作は、とき(つくし)とに出会う。強引に彼女を抱いて身ごもらせ、二人は所帯を持つ。ささやかなその幸福も、長くは続かなかった。この世の地獄で、人々は醜い本性をあらわにしていく…。

羅生門 鬼畜のまぐわい 画像1
羅生門 鬼畜のまぐわい 画像1
羅生門 鬼畜のまぐわい 画像2
羅生門 鬼畜のまぐわい 画像2
羅生門 鬼畜のまぐわい 画像3
羅生門 鬼畜のまぐわい 画像3
羅生門 鬼畜のまぐわい 画像4
羅生門 鬼畜のまぐわい 画像4
羅生門 鬼畜のまぐわい 画像5
羅生門 鬼畜のまぐわい 画像5
羅生門 鬼畜のまぐわい 画像6
羅生門 鬼畜のまぐわい 画像6
羅生門 鬼畜のまぐわい 画像7
羅生門 鬼畜のまぐわい 画像7
羅生門 鬼畜のまぐわい 画像8
羅生門 鬼畜のまぐわい 画像8
羅生門 鬼畜のまぐわい 画像9
羅生門 鬼畜のまぐわい 画像9
羅生門 鬼畜のまぐわい 画像10
羅生門 鬼畜のまぐわい 画像10

DUGAウェブサービス